体育館の床塗装工事、バスケットボールコートライン変更工事、床研磨工事など承ります。お気軽にご相談ください。

業務紹介

床塗装工事をメインに、数々の体育館などの文教施設のフローリング工事に長年携わってきた経験と技術を基に、近年はコートライン工事やバスケットボールコートライン変更工事にも力を注いでおります。

体育館(文教施設)

体育館(文教施設)

仕上げ材の持続性アップ ・ プレーヤーの怪我予防策
再塗装 1、2年毎に表面の塗装のみポリッシャー研磨をして、再度仕上げ塗装をします。
研磨することによって、シューズのゴム痕やこすれ傷などがなくなり綺麗な状態に戻ります。
環境対応型塗料を使用します。
ただし、ワックス塗装をしている床に関しましては、この方法が適用されません。
床下調査 床の下地が、経年劣化や使用頻度によって破損・変形などする場合があります。
調査をして破損・変形箇所が見つかれば、同様の部材と交換等致します。
下地材の損傷により、フローリング材の破損につながることもあります。

定期清掃・特別清掃

日常の清掃で取りきれなくなった汚れや、シール・テープ等の付着物を取り除き、ウレタン塗装本来の性能を回復させます。


研磨工事

体育館や教室などのフローリングをドラムサンダーやベルトサンダーを使って、フローリング表面の塗膜を削り取ります。粗掛け⇒中掛け⇒仕上げ掛けと研磨用ペーパーの番手を替えて、フローリングの表面を綺麗にしていきます。


塗装工事

研磨で仕上がったフローリングに、油性又は水性の塗料を塗り、フローリングに輝きをつけます。

油性 臭い有・塗装後の肉質感有・通常3回塗り仕上げ
水性 臭い無・塗装後の肉質感多少有・通常4回塗り仕上げ

コートライン工事

  • スポーツ競技のコートラインをカラー油性ウレタン塗料を使って描きます。
  • 文字やキャラクターなどのロゴも描くことが出来ます。

フローリング貼り工事

新設のフローリング貼り

下地に対して、接着剤と釘又はビスを使用して貼っていきます。

既存フローリングの張替え

「割れ」・「欠け」・「キズが大量にある」等のフローリングを部分的に張替えが出来ます。
張替えた部分のみの研磨塗装も出来ます。


床・下地工事

鋼製下地

体育館等に主に使用されている床組です。
クッション性能の高いものなどあり、スポーツの使用目的によって、さまざまな種類があります。


低床用下地

コンクリート下地から、わずか55mmでスポーツ競技をすることが出来る床が出来上がります。


外部工事

ウッドデッキ工事

人工木材やデッキ材専用の天然木材を使用した物です。
テラスやマンションのベランダなど、多種多様に対応が可能です。


バスケ コートライン変更工事

(財) 日本バスケットボール協会では新ルール採用時期を2011年4月1日~としており、体育館の補修やコートの変更工事などの猶予期間を2013年3月31日までと定めております。

バスケ コートライン変更工事の詳細へ


体育館床塗装工事、バスケットボールコートライン変更、フローリング貼り工事
体育館などの文教施設の床工事・フローリング工事の専門会社

株式会社正研グループ

〒168-0064
東京都杉並区永福3-51-13 永福ニューハウジング103号
TEL:03-3327-8041 FAX:03-3324-1676

メールフォーム

施工エリア

関東より東北にかけてご対応しています。
その他の地域の方もお気軽にご相談ください。

岩手県 秋田県 宮城県 山形県
福島県 新潟県 群馬県 栃木県
茨城県 埼玉県 東京都 神奈川県
千葉県 山梨県 長野県 静岡県


pagetop

Copyright (C) 2012 Shouken Group Corporation. All Rights Reserved.